モノはわたしたちの生活に深く関わっています。過去に必要とされたモノ、記憶に残っているモノを振り返ってみれば、そのモノの機能や役割以上に、その時代そのものの情報や意味合いが圧縮されていることに気がつきます。

 

例えば1979年に発売されたウォークマンは、何を意味したのか?今の時代で言えば、スマートフォンがその時代の何を象徴しているのか?など紐解いていけば、その時代の人を含む社会全体が見えてくると思うのです。

 

モノが人に影響し、どのように思考と行動を変えたのか?その時、世間全体はどうなっていったのか?個別のモノを深く探り、その結びつきや関連性を意識をすれば、その時代の全体が見えてくるはずです。

 

そしてそれらを参考に、そのモノを包括する、文化、生活など全てのものを再思考することで、次の時代を生きるヒントが見えてくるように思うのです。

 

一見、違った所から見つかる共通性、一見、同じに見えるものから気づいた相違点。モノとコトとの関連を改めて考える上でも、それらの発見は大きな糸口となることでしょう。NAKED CLUEはモノのIndex化から時代を読み取り、未来に通じるコミュニケーション戦略をご提案いたします。