CONTEXT(コンテクスト)は、「文脈、背景、前後関係」などという意味で日本語に訳されています。コンテクストの要素には、非言語コードである、歴史的環境、社会(世間)的環境、心理的環境、対人関係、時間、空間などが含まれます。

 

エドワード・T・ホールは著書「文化を超えて」の中で、Hi-Context(高コンテクスト)文化、Low-Context(低コンテクスト)文化と分類しました。高コンテクスト文化では、人々がお互いに深い人間関係で結ばれていて、コミュニケーションの前提となる物事が幅広く共有されており、情報が少なくても、意味が伝わりやすい。逆に、低コンテクスト文化では、その相手と共有されているものは少なく、明確なメッセージでないと伝わらない。

 

コミュニケーションはコンテクストに左右され、発信した情報の意味は相手のコンテクストに委ねられます。情報発信側と受信側のコンテクストが共有されていれば、言語や情報は少なくても伝わりやすいですし、その逆であれば、発信側と違った解釈で受け取られることもあるのです。

 

人間は多くの関わりの中で生きています。家族、社会(世間)、会社、物、歴史、文化などその多層的な関わりの中で、多くのものに影響され、考え、行動しています。その背景となるコンテクストを可視化し、コミュニケーションやマーケティング戦略に活かす。

 

NAKED CLUEは、CONTEXTをコミュニケーション戦略の核として企画していく会社です。